2016年01月03日

絵の魅力

絵の魅力とは何か。
考えてみても良い絵は描けないんだけど、
でもたまに考えてしまう。

自然の造形物は疑いなく美しいのだけれど、
だからと言って色や形を見えるままになぞっても
同じように美しい絵は描けないと思う。

何かを見てそれを絵にしたいという衝動に駆られる時、
そこには必ず何かしらの感動があるわけで。

その感動が絵に表れるように構図と対象の形を
工夫し、その無限にある組み合わせの中から
ベストの色をチョイスする。
その工夫の仕方こそ、作家の個性であり、
絵の魅力なんだと思う。

見えるものばかりに囚われないために、
見たままに描ける画力は常に磨いていく必要がある。

目に見えない心の機微を、視覚化して表現できる、
そういう絵描きになりたい。

すぐに楽しようとしてしまう気持ちに負けず、
一枚一枚、丁寧に正直に制作して行きたい。




tsubaki_black2.jpg

posted by yon at 22:03| 東京 ☁ | TrackBack(0) | diary【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。