2016年07月25日

和紙

washi.jpg

いつも購入している和紙屋さんから封書が届いた。

休業するとのこと。

製品が気に入っていただけに、ショックが大きかった。
職人さんが居てはじめて画材が使える。絵が描ける。
毎日絵を描いてるとそんな当たり前のことも忘れてしまう。
いつまでも使い続けられる訳じゃないのに。

なるべく画材はメーカーから直接購入するように心がけていたけれど
伝統産業の存続はほんとに待った無しなんだなぁ。

今手元にある在庫を使い切ったら、もうこの和紙は手に入らない。

職人さんの思いを噛み締めて大切に使いたいと思います。



タグ:和紙 画材
posted by yon at 22:34| 東京 ☁ | TrackBack(0) | diary【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440418083
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック